横浜のウィークリーマンションの選び方のコツ

横浜は公共の交通機関を使って都内まで約30分という好立地にある地域です。都内近郊で長期出張や受験などがあって、横浜を拠点にウィークリーマンションを利用している、という方は決して少なくありません。横浜を拠点にすることは、実に賢い選択です。ビジネスや商業地区の中心地でありながら、都内の相場よりもずいぶん安く借りられるからです。選び方のコツとしては、移動が多いという方であれば、ターミナル駅である横浜駅や上大岡駅、複数路線が利用できる長津田駅や新横浜駅周辺を選ぶと良いでしょう。ビジネスが目的であれば、横浜駅周辺やみなとみらい地区がおすすめです。学生などであまり予算がないという場合には、市内でも郊外を選びましょう。大和市や海老名市に近いところであれば予算と希望に合わせた物件を選ぶことができます。

横浜でウィークリーマンションを借りるメリット

先ほどは、都内に近いという点で横浜を拠点にする方法は賢い選択であるというお話しをしました。しかし、ウィークリーマンションを横浜で借りるメリットはまだあります。例えば、横浜と言えば、赤レンガ倉庫や山下公園、遊園地や中華街、ミュージアムや横浜港など日本有数の観光スポットが多数あるところです。観光目的で横浜に滞在する場合、ここでウィークリーマンションを借りておくことで、じっくりと観ることができます。1週間も滞在すれば、ほとんどのスポットへ足を運べるでしょう。また、遠方へ移動するのにも、横浜を拠点にしておくと非常に便利です。例えば、横浜駅からはリムジンバスで羽田空港まで行くことができ、新横浜駅からであれば新幹線に乗ることができます。横浜を拠点に大阪や名古屋へ日帰りで足を延ばすなんていうこともできますので、多方面へ視野を広げられるという点でもメリットなのです。

横浜にある様々な特徴を持つウィークリーマンションのご紹介

ウィークリーマンションと言えば、敷金や礼金が不要で、ガスや電気も入居してすぐ使えるという点が特徴です。しかし、横浜にあるウィークリーマンションは、それだけでなく、ちょっと珍しい特徴の物件がたくさんあります。例えば、タワーマンション型のウィークリーマンションです。ベイエリアに建つツインタワーもあり、海を見ながら上質なアーバンライフが体験できます。みなとみらいや中華街周辺にはデザイナーズルームもあります。若手建築家がデザインしたというスタイリッシュな物件もあり、インテリアにこだわりを持つ方にぴったりです。関内や桜木町、伊勢佐木町などにはフィットネスルーム付きという物件もあります。仕事や試験の合間にちょっと身体を動かしたいという方にぴったりです。出張中、ひとりですることがないという時にも寂しさを紛らわせることができるので、飽きずに過ごせるのではないでしょうか。